写真の持つ力

みなみゆきのプロフィール写真

皆さまに温かいメッセージを頂いている
Facebookの「プロフィール写真」について書こうと思います。

これらの写真は
昨年12月に香港で撮影してもらったものなんです。

「えー写真を撮るために香港へ?!」
という声が聞こえてきそうですが…

半年の間、考えに考えて
「やっぱり参加したい!」
という気持ちが抑えられず飛び込みました。

この撮影会
ただの撮影会じゃありません。

濃すぎて全ては書けないのが残念です(笑)

当時の思い

私の記憶が薄れないうちに、
当時の思いを書いておこうと思います。
とっても長くなるので、
よほどお暇な方以外は読まないことをオススメします。

Facebookの自己紹介にも書きましたが、
とある事情で未婚で娘を育てる決意をした私ですが、
出産前〜産後数ヶ月は不安になる事が多く、
気づいたら声も出せずに泣いていたなんて事もありました。

そんな私が、
私なりに家族を守るために小さな行動を始めたのです。
娘が生後半年の頃だったかな?

ちいさな娘をお腹にぴったりとくっつけ、
「昼夜問わず必要だと思う勉強会に出席する」
「会いたい人に会いに行く」
「とりたい資格を取る」
ということを始めたのです。
行く先々で、
「赤ちゃんつれてこの勉強会に来る人初めて見た!」とか、
「すごい行動力だね!」とか、
言われていました。

そんな事をしているうちに、とある方から頂いたご縁。

そのご縁から、
本人が思っていた以上に世界は広がっていきました。

そして、ご縁がご縁を呼んでこの撮影会を知ったのです。
(かなり端折っています)

行く前の不安

撮影会に行くことは決めたものの…
『行く前の不安』がありました。

【娘にかかる負担】
〇 飛行機に乗せるってどうなの?
〇 離発着の時に気圧の変化で苦しむんじゃないの?
〇 外での授乳はどうする?
〇 香港では何を食べさせるの?
〇 水とか大丈夫?
〇 長時間ばぁばと2人っきりってどうなの?

【ばぁばにかかる負担】
〇 初めての海外で
長時間子守を頼むのってどうなの?
〇 英語しゃべれないけれどどうする?

【自分の不安】
〇 費用をどうするの?
〇 この機会を本当に活かせるの?
〇 服がないよ~(涙)
〇 スーツケースもないよ~
〇 久しぶりの海外、ばぁばと娘を守れるの?
(英語しゃべれません…うふふ)
〇 航空券、ホテルの手配出来るの?

などなど、挙げればきりがありません。

行ってみてその不安はどうだったのか?

【娘にかかる負担】
〇 飛行機は何事も経験と割り切ったので、当日には私の肚がすわっていた。
〇 飛行機の席は
赤ちゃんが利用する席を指定。
〇 客室乗務員の方がとても気遣って下さった。
〇 離発着の時の気圧の変化は、授乳で乗り切った。
(産後初めてというくらいに朝から授乳のタイミングなどを調整してました)
(授乳をしている最中は、口腔内+耳のあたりが真空状態になるからか、
気圧の変化を受けにくいようです)
〇 外での授乳はケープですませた。
〇 娘の食べ物について
当時は8割おっぱい2割離乳食の時期。
初めての市販の離乳食を用意。
〇 水は2Lを2本スーツケースに入れて日本から持ち込みで対応。
〇 同じホテルに滞在していたので、フリーの時間に客室で一緒に過ごせた。
〇 家族の写真もご好意で撮影して頂けた。

【ばぁばにかかる負担】
〇 えいやっとお願いしてみたら応援してくれた
〇 キーとなる行動は一緒にすませていたので、滞在中は英語を使う機会なし

【自分の不安】
〇 貯金から出すことを決意(自分に投資)
〇 活かせるの?ではなく、活かすと決めた
〇 成人式の時のスーツ1着、普段着を1着
+ちょっとしたお呼ばれにも使えるワンピースを新調
3着のみもっていった。
〇 ご縁でスーツケースを貸してもらえた。
〇 久しぶりの海外、
しかも英語もしゃべれない私…
これはご縁としか言いようがないギフトが舞い降りた。

参加者の中にセントレアから飛ぶ方がおみえになった。
英語のエキスパートであり、出逢った事のないほどの紳士。
遠慮せずに助けて頂いた。
なんと、3人分+娘のご飯とお水の詰まった29キロのスーツケースを運んで下さった。
「自分ひとりやったらどうするつもりやったん?」
と真顔で言われましたが…。
結果オーライでございます。
本当にお世話になりました。
〇 航空券、ホテルの手配
問い合わせをしながらも何とかなった。
やるしかなくなったら、ちゃんと出来るのね…私。

ふぅ…
まだまだ続きます。

すでに読んでいる方はいらっしゃらないという前提で書きます(笑)

撮る人と撮られる人の信頼関係

この撮影会では
【撮る人と撮られる人の信頼関係】
がとても大切にされていることを感じました。

撮られている最中は、
この人は私の最愛の人なんじゃないか?
という感覚にもなりました。
幸せな勘違い(笑)

だからこその表情やエネルギーが写真に表れたのだと思います。

満ち足りた、そして生き生きとした表情をしていますよね。

参加者との交流

そして大きな魅力がもう一つ
【参加者との交流】
これが大きい。
私を含めて女性3名、男性2名の合計5名が参加したのですが、
その後も交流が続いています。
皆との会話から得るものが非常に大きい。

写真で人の人生を変える

実は、この撮影会の手引きには
【写真で人の人生を変える】
と書いてあったんです。

参加する前は、
「本当に?」と不安に思う気持ちが70%
「変える!」という強い気持ちが30%
でした。

参加した後、私はどうなったの?

〇 強い絆で結ばれた仲間がいる
〇 「人生における選択肢を増やす」
「何か起こった時に大切な家族を守れる強さ」
この2つを得るために、熱く そして しなやかに行動している
〇 私を整えることを大切にしている
〇 本当の私を出せる場がある
〇 今、そして未来がワクワクでしかない
〇 体をもってこの地球に生まれたからこそ出来る事、
それを存分に体験していこうと思っている

あら?確実に変化している(驚)
私の環境を整える事を大切にし始めたら、いろんな人にご縁を頂くようになりました。
今年はさらに加速する予感がしています。

今の私は、

「誰と一緒にいるか」
「どんな環境に身を置くか」
「自己責任で生きる」
という事を大切にしています。
少し前から考えても大きな進歩です(笑)

このように
たくさんの気づきをもらった撮影会。

当時、飛び込んだ自分を褒めてあげたいと思います。

メルマガ登録はコチラから

【2017年8月】
シングルママでも出来る事があるって事を
実体験を元に情報発信を開始しました。
私のようなシングルママが
経済的自由と精神的自由を手に入れて、
家族との時間を大切に出来るようになったらと
願っています。

メルマガ登録へ進む

関連記事

"事業を 急いで 開始する必要" は全くなかった

お客様の声(2017年5月8日)

【“怒”の感情】

10日間断食 #1

【設立のための準備が始まりました】

お外仕事に最適な場所が見つかった